ADMISSIONS

入試情報

アドミッション・ポリシー

本学のアドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

建学の精神

優れた技術は、人に幸福をもたらし、誤れる技術は、人に災いをもたらす。技術は人が造るなり、故に技術者たる前によき人間たれ。

本学の目的

本学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、人間の尊重を基本として、豊かな人間性の涵養と保健医療に関する科学分野の教育研究を行い、学術文化の向上に寄与するとともに、地域社会において広く活躍できる人材を育成することを目的としています。

本学の教育目的

建学の精神並びに本学の使命・目的を基盤として、これを実現するために、本学では、医療に携わる者に対し基本的として必要とされる「人間性」に加え、グローバル化する社会の中で、外国人の患者や医療スタッフとのコミュニケーション能力、外国語の資料を読解する能力などの「国際性」、多職種連携によるチーム医療を進めて行く上で、医療分野内の相互理解を深めるための「学際性」の3つの能力を身に付けさせることを教育目的としています。

保健科学部の教育目的

  • 地域医療に貢献する医療人の一員として、保健医療の現場で主体的に活躍できる臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。
  • 豊かな人間性と高い倫理観、専門性ならびに国際感覚を身に付け、社会の多様な役割を果たすことができる臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。
  • 臨床検査学もしくは放射線技術学の進歩に積極的に対応し、様々な状況に対応できる優れた判断能力及び管理能力を備え、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。

看護学部の教育目的

  • 地域医療に貢献する医療人の一員として、保健・医療・福祉の現場で主体的に活躍できる看護師・保健師を育成する。
  • 豊かな人間性と高い倫理観、専門性ならびに国際感覚を身に付け、社会で求められる多様な役割を果たすことができる看護師・保健師を育成する。
  • 医療技術の多様化・高度化に積極的に対応し、様々な状況に対応できる優れた判断能力及び管理能力を備え、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる看護師・保健師を育成する。

本学の受入れ方針

本学は、学園の建学の精神を基盤として、「人間性」「国際性」「学際性」を有し、高度な専門能力を備えた医療人を育成することを「教育目的」として、全学のディプロマ・ポリシーを定めています。これを達成するために、各学部の教育目的、ディプロマ・ポリシーならびにカリキュラム・ポリシーを定め、更に入学者の選抜について受入れ方針を定めています。

保健科学部の求める学生像

本学ならびに本学部の教育目的等を達成するため、次のような学生を求める。

  1. 臨床検査学及び放射線技術学を学ぶために、入学後の学修に必要となる基礎学力を有する人。(知識・理解)
  2. 自分の意見をわかりやすく伝え、人とコミュニケーションを持つことに関心のある人。(思考・表現)
  3. さらに、学科別に目指す将来と国家資格の違いから、各学科で次のような学生を求める。
  • 保健科学部 臨床検査学科
    臨床検査に関する知識と技術の修得に関心があり、臨床検査技師を目指す人。(関心・意欲)
  • 保健科学部 放射線技術学科
    放射線等に関する知識と技術の修得に関心があり、診療放射線技師を目指す人。(関心・意欲)

看護学部の求める学生像

本学ならびに本学部の教育目的等を達成するため、次のような学生を求める。

  1. 看護学を学ぶために、入学後の学修に必要となる基礎学力を有する人。(知識・理解)
  2. 物事を多面的にとらえ論理的に思考する力や、相手に伝える力を有する人。(思考・表現)
  3. 人に対する深い愛情と洞察力をもち、人とコミュニケーションをとることに関心がある人。(関心)
  4. 看護学に関する知識と技術を修得し、社会に貢献できる看護師や保健師を目指す人。(意欲)

募集方法

上記のような学生を選抜するために、保健科学部(臨床検査学科・放射線技術学科)、看護学部(看護学科)では次のような募集方法で入学試験を実施しています。

  1. 学校推薦入学試験(指定校制、公募制)
  2. AO学試験
  3. 一般入学試験(前期日程、後期日程)
  4. センター試験利用入学試験(前期日程、後期日程)
  5. センタープラス入学試験
  6. 特別入学試験(社会人・学士特別入学試験、帰国生徒特別入学試験)

大学院保健医療学研究科の教育目的

本学は、地域保健医療推進のため重要な「在宅」、「高齢者」、「母子」、「医療連携」それぞれの分野において、個人の持つ専門性を多職種連携の視点から伸長させ、高い専門能力をチーム医療で発揮できる高度医療専門職を育成します。

大学院 保健医療学研究科の受入れ方針

本学は、学園の建学の精神を基盤として、「人間性」「国際性」「学際性」を有し、高度な専門能力を備えた医療人を育成することを「教育目的」として、全学のディプロマ・ポリシーを定めています。これを達成するために、大学院保健医療学研究科の教育目的、ディプロマ・ポリシーならびにカリキュラム・ポリシーを定め、更に入学者の選抜について受入れ方針を定めています。

大学院保健医療学研究科の求める学生像

  1. 本学の建学の精神と教育理念を理解し、将来高度医療専門職もしくは研究職として社会に貢献することへの意欲を持つ人。
  2. 基礎的学力・技能を有し入学後の研究活動に粘り強く努力を続けられる人。
  3. あらゆる人と積極的にコミュニケーションをとることができる人。
  4. 学問に対する強い憧憬と知識欲を有し、技術者・教育者・研究者としての向上心で以って自立を志向する者であること。

募集方法

上記のような学生を選抜するために、大学院保健医療学研究科では次のような募集方法で入学試験を実施しています。

  1. 学内自己推薦入学試験
  2. 一般入学試験(A日程)
  3. 一般入学試験(B日程)

助産学専攻科の教育目的

  • 人間性豊かで対象の生命・人格を尊重できる誠実な助産師を育成します。
  • 母子の社会環境の変化や、産科医療の高度化ならびに助産ケアの多様性に対応できる知識と技術を身につけます。
  • きめ細かい助産活動が展開でき、母子保健の向上に寄与できる人材を育成します。

助産学専攻科の受入れ方針

本学は、学園の建学の精神を基盤として、「人間性」「国際性」「学際性」を有し、高度な専門能力を備えた医療人を育成することを「教育目的」として、全学のディプロマ・ポリシーを定めています。これを達成するために、助産学専攻科の教育目的、ディプロマ・ポリシーならびにカリキュラム・ポリシーを定め、更に入学者の選抜について受入れ方針を定めています。

助産学専攻科の求める学生像

  1. 看護学の基礎を修得し、特に母性看護学の知識が豊富な人。
  2. 助産学の中で興味・関心のあるテーマを有する人。
  3. 助産学の基礎となる母子に対する基礎的な看護技術を有する人。
  4. 助産師になりたいという強い気持ちを持ち、生涯助産師を継続する意思を持っている人。
  5. コミュニケーション能力を有する人。

募集方法

上記のような学生を選抜するために、助産学専攻科では次のような募集方法で入学試験を実施しています。

  1. 推薦入学試験(特別推薦、公募推薦)
  2. 一般入学試験(A日程)
  3. 一般入学試験(B日程)