NEWS

お知らせ

お知らせ

大学院において長期履修制度を導入します。

岐阜医療科学大学 大学院 保健医療学研究科では、2020年度入学生より長期履修制度を導入します。

●長期履修制度とは
職業(勤務の都合)や、育児、親族の介護のため、標準修業年限(2年)で修了することが困難である場合、
標準修業年限を超えた一定の期間(長期履修期間)にわたり計画的な教育課程の履修を可能とする制度です。

●長期履修期間
長期履修制度の適用を許可された者(長期履修学生)は、履修期間を3年とします。
休学の期間は、上記期間に含まれません。
長期履修期間を超えて引き続き在学を希望する場合は、通常の院生が留年した場合と同様の学籍の取扱
となります。在学途中に2年履修から長期(3年)履修に変更はできません。
また長期履修生が2年で修了することもできません。

●申請方法
出願期間内に、出願書類と併せて、以下の①及び②の書類を提出してください。
本学で提出内容を審査し、本人宛てに長期履修制度の可否を書面で通知します。

〔申請書類〕
①長期履修申請書 申請書をダウンロードする
②申請理由を証明する書類
 (例)職業を有している場合
       在職証明書、または在職が確認できる書類
 (例)育児が申請理由の場合
       母子健康手帳、または医師等が発行する出生証明書等の写し
 (例)介護が申請理由の場合
       医師の証明書・福祉あて受給資格者認定通知書等の写し

 ●長期履修学生の入学金及び学費等納付金
長期履修制度が許可された学生の納付金は、以下となります。
入学金 200,000円(納入期限は各入学試験区分に定める入学金納入期限)
ただし、岐阜医療科学大学の卒業生(見込み者含む)・助産学専攻科修了生(見込み者含む)、岐阜医療技術短期大学の学科卒業生、専攻科修了生及び国際医学総合技術学院の卒業生は入学金を免除します。chouki_gakuhi