UNIVERSITY

大学案内

学長挨拶

学長 山岡 一清

岐阜県唯一の医療総合大学として、「地域医療」に貢献する。

本学の前身である国際医学総合技術学院を1973年に岐阜県関市に開校して以来、短期大学、大学と発展していく中で、1万人を超える臨床検査技師、診療放射線技師、看護師、保健師、助産師を多く輩出してきました。
そして2019年4月には岐阜県可児市に2つめのキャンパスを設置し、2020年4月には薬学部を設置するなど本学は岐阜県唯一の医療総合大学として「地域医療」に貢献していく決意です。
本学は「技術者たる前によき人間たれ」という建学の精神のもと、人間性豊かで高度な専門能力を有する医療人を育成する「人間性」に加え、グローバル化する社会の中で国際的な医療人として活躍するために必要なコミュニケーション能力を育成する「国際性」、チーム医療の場で多職種連携を実践できる力を育成する「学際性」を育むことを「教育目的」としています。
これまで培ってきた教育力を土台に「心」と「知」の両面をしっかりと身に付けたチーム医療のリーダーを、また、今後ますます変化していく「地域医療」の一翼を担うことができる人材を育成していきます。