岐阜医療科学大学 GIFU UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE岐阜医療科学大学 GIFU UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト
MENU

大学案内大学案内

学長・副学長挨拶

学長 間野 忠明

3つの教育目標を柱に、明日の医療人を育む。

本学は「人間性」「国際性」「学際性」の3つを教育目標に掲げています。人間性は医療の基本。「技術者たる前によき人間たれ」という建学精神のもと、あらゆる方向から人間性教育を実施しています。また医療のめざましい進歩に伴い、諸外国で日本の医療技術が求められる今、海外で活躍できる医療技術者を育成することも重要です。さらに臨床検査、放射線技術、看護という3学科が揃う本学で学際性を体感。異なる職種の医療技術者との相互理解を深めていき、将来的には、現代医療界に敷かれるチーム医療体制のリーダーとして活躍できる人材の育成に努めています。

副学長 医学博士 山岡 一清

『心』と『知』を。医療人としての資質と、
創造力を高めるカリキュラム。

これからの医療人には『心』と『知』の両面が必要だと私は考えています。
『心』とは「病を診るのではなく患者様を看る」というケアの精神。またチーム医療の中で協調性やリーダーシップを発揮する力。あらゆる変化に自ら対応していく積極性です。そして『知』は自分の専門分野を核としながらも、そこにリンクするさまざまな知識を体系として学んでいく、科目横断の姿勢です。
本学のカリキュラムもそのような考えを基本に構成されています。
1年次では『基礎分野』すなわち教養カリキュラムを主体的に学び、社会人そして医療人としての確かな心と探究姿勢を養います。
2年次からは各学科の技術知識の基礎となる『専門基礎分野』を、そして徐々に専門的、実践的な『専門分野』を学んでいきます。さらに4年次には科目横断的な『専門分野(総合科目)』を学ぶことで自らの知を最大限に高めます。
このように段階的に教育ステージを高めることで、『心』と『知』の深い理解と、学ぶ力、創造力の獲得が可能になります。