岐阜医療科学大学 GIFU UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE岐阜医療科学大学 GIFU UNIVERSITY OF MEDICAL SCIENCE

  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト

MENU

大学案内大学案内

よくある質問(Q&A)

入試についてや大学生活の事など、皆様から頂くよくある質問をご紹介します。

本学によせられる“よくある質問”について、ご紹介しています。
この他にも気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

入試・出願に関して

入試形態はどうなっていますか?

本学の入試情報はこちらをご覧ください。

学費はどのくらい掛りますか?

2015年度入学生から授業料が70万円、教育充実費が75万円の合計145万円(年間)必要です。初年度には入学金25万円、教育後援会費等で7万8千円(4年分)も必要です。これら以外にも、教科書代や実習服代等が別途かかります。

奨学金はどのような状況ですか?

本学には次ような奨学金制度があります。

○特待入学試験

・本学が実施する特待入学試験に合格して入学した者については、大学在籍中の4年間に渡り授業料全額を免除。(但し、本学特待入学生規程に定める事項に該当したときは、資格を喪失します。)

○4年次奨学生制度

・学習意欲が高く、勤勉かつ成績優秀な4学年の学生に対して、4年次授業料の半額を免除し、学業の達成を援助しています。

○日本学生支援機構 奨学金制度

○本学提携の学費ローン制度

※その他、看護学科学生に対しては自治体や病院等が独自に実施している奨学金制度が活用できる場合があります。詳細は、自治体、病院等へお問い合わせ下さい。

遠方に住んでいるのですが、地方での受験はできますか?

本学試験場以外にも全国各地で受験が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

一般入試における受験科目の出題範囲はどうなりますか?

一般入試の出題範囲はこちらをご覧ください。

センター利用入試における試験科目はどうなりますか?

大学入試センター利用試験の入試科目はこちらをご覧ください。

大学までの行き方がわからないのですが。

本学までの交通アクセスはこちらをご覧ください。

入試過去問題は、どうしたら入手することができますか?

進学相談会やオープンキャンパスに参加された方を対象に無料で配布しておりましたが、2015年度入試問題集に残部がありましたので、こちらからダウンロードしてご請求ください。
 ※請求期間:2016年3月2日まで
 ※残部がなくなり次第、配布終了

詳細内容はこちらからダウンロードできます。

大学生活に関して

入学してから、勉強についていけるか心配です。

本学では全学科の「基礎分野」カリキュラムに「基礎数学」、「基礎物理学」、「基礎化学」、「基礎生物学」を選択科目として配してあり、入学後に行うこれらの科目の基礎学力診断テスト結果並びに高校での履修状況、希望等を勘案し、履修指導を行っています。また、基礎学力不足の学生に対しては、「数学」、「物理」、「化学」、「生物」の入学後教育を実施しています。理科系科目が不得意な学生でも専門科目への学習が円滑に進むように対応しています。

どんな教員の方たちがいるのか知りたいのですが。

本学には保健科学部、助産学専攻科を合わせ、おおよそ専任教員70名、兼任教員80名が一般教養から医療専門分野まで幅広く在籍しています。

遠方に住んでいるのですが、学生寮はありますか?

キャンパス内には女子寮(清心寮)が設けられております。完全個室で冷暖房が完備されており、学習机、書棚、ベッド、寝具、チェストも備え付けられていますので、最小限の準備ですぐに新生活を送れます。また、寮には24時間管理人が常駐していますので、急な病気や困ったことがあった時も安心して生活していただけます。

学生アパートの紹介はしてもらえますか?

学生アパート支援センターMUをご紹介いたします。学生アパート支援センターMUの学生アパートは本学学生専用となっており、男子専用、女子専用のアパートが17施設あります。大学近隣に点在しており、仲介手数料、敷金も一切かかりませんので安心して借りられます。

通学はどのようになっていますか?車で通学はできますか?

本学では岐阜県内はもとより名古屋方面からの学生もたくさん通学しています。岐阜方面からは岐阜バス、犬山・美濃太田方面からはスクールバスが授業時間に合わせて学内に乗り入れています。また、3年生以上で自宅から通学する学生には許可制で本学構内の駐車場への自動車通学も認めています。下宿生の場合は、自転車、徒歩、ミニバイクなどで通学しています。

サークル活動は盛んですか?

本学では体育系、文科系を合わせ27のクラブ・サークルが活動しており、約半数の学生が各々のクラブ・サークルに所属しています。2011年には本学軟式野球部が東京都八王子市で開かれた「第31回東日本学生軟式野球選抜大会」に出場し、初出場で初優勝の快挙を成し遂げています。また、医療系大学ならではの臨床検査研究部や微生物研究部などもあります。

どんな学生生活をおくっているのか知りたいです。

専門分野の知識を学ぶため、高校生活と比べると学習することが大変多くなってきます。しかし、クラス制なので仲間同士で勉強面でも協力し専門知識を習得しています。特に学科の先生とは距離も近く、教員研究室にはいつも学生が絶え間なく相談に訪れています。放課後はクラブ・サークル活動に参加したり、下宿学生同士で集まって飲食したり、勉強したりしているようです。これからの人生を応援し合える友人を作ることもできます。
校舎の様子や在学生についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひオープンキャンパスへお越しください。

就職、資格、卒業後に関して

国家試験の合格状況はどうなっていますか?

本学では全ての学生が国家試験に合格するよう様々なサポートを行っていて、どの学科においても毎年、全国平均を上回る国家試験合格状況となっています。

臨床検査技師や診療放射線技師の就職はどうなっていますか?

両学科とも、国家試験に合格したほぼ全員が、それぞれの資格が必要な医療職に就職を果たしています。両資格とも、技師の求人倍率は15~17倍です。

卒業後は、故郷で就職したいと思います。Uターン就職はできますか?

各学科、専攻科とも全国から求人があり、選ぶことが可能です。また、本学の40年の歴史の中で、多くの卒業生が全国の病院に就職していて、卒業後も、OB・OGが支援してくれます。

就職指導は、どのように行っていますか?

就職支援は1年次から始まり、適性にあったマンツーマン指導を重ね、就職先が内定するまで継続します。その内容は、マナー講座、講演会、模擬試験、履歴書や小論文の添削指導など多岐にわたります。また、就職相談はいつでも気軽に利用できます。

医療現場で求められる人材は?

明るく、元気で協調性があり前向きな人材であり、多岐にわたり人間性豊かな学生が求められています。ただし、資格の取得は必須要件です。本学では3年生対象に「採用担当者から見たほしい人材とは」と題し、各医療界の採用担当者を招いてセミナーを行い、全学生に心構えを持つ機会があります。

この他気になること、不安なことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先

お電話でのお問合わせ:
0575-22-9401(代)
メールでのお問合わせ:
【入試に関するお問い合せ】
入試広報課 …… gumsk@u-gifu-ms.ac.jp
【教務に関するお問い合せ】
教務課 ………… gumse@u-gifu-ms.ac.jp
【その他のお問い合せ】
庶務課 ………… gumsj@u-gifu-ms.ac.jp