COURSE

学部

放射線技術学科

長い歴史を持つ確かな教育体制の中で、高度な解析能力と最先端の技術を学びます。

岐阜医療科学大学が考える、診療放射線技師とは

発展著しい放射線医療の現場で、優れた技術や実践力を発揮しながら迅速な判断により病気の早期発見・治療に貢献するプロフェッショナル。信頼のおける人間性と高度な医学的知識、独創性を兼ね備え、常にステップアップを目指す、前向きな姿勢が求められます。

診療放射線技師の仕事とは

診療放射線技師は、医師や歯科医師のもとにX線撮影装置、超音波装置、CT(コンピュータ断層装置)、MRI(磁気共鳴画像検査装置)などの機器を操作して、医師が病気を診断するための画像情報を提供し、
また放射線を使った治療を行います。さらに、放射線治療に関わる医療従事者の放射線被ばく量の管理や装置の安全管理も業務に含まれます。

病院のなかの検査の種類

画像検査
人体各部のX線撮影、消化管や血管造影検査、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像(MRI)、超音波画像検査などを行います。
ラジオアイソトープ検査
ラジオアイソトープという微量な放射線を発する物質を体内に投与した上で、体内臓器から放出される放射線で画像を作り撮影を行う検査です。
放射線治療
放射線を使ってガンなどの細胞を破壊する治療です。手術による「外科的治療」や全身に影響する「抗がん剤」に比べ、患部だけを選択的に治療できます。
放射線管理
放射線を扱う専門家として機器や環境等の安全管理を行います。
医用画像管理
医療用画像管理システム等の運用管理を行います。
本学卒業により授与される学位
  • 学士(保健学)
取得を目標とする資格
  • 診療放射線技師(国家試験受験資格)
取得可能な資格
  • 第1種放射線取扱主任者
  • 第2種放射線取扱主任者
  • エックス線作業主任者
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者

学科教育目的

  1. 保健科学を通して豊かな感性と確かな知性を育み、放射線医療における倫理性と独創性を持って、人間に対する包括的な理解を深める。
  2. 幅広い理数系の基礎的知識と高度な医学的知識を背景に、医療における放射線分野の専門技術を習得する。
  3. 質の高い医療を目指し、目的を達成する強い意志と理工学の技術を医療に応用する実践力を養い、チーム医療に必要な対話能力ならびに自主性を育成する。

学科の特長

チーム医療の修得

現在の医療は、患者を中心に、医師、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、薬剤師、栄養士など医療の専門職が、情報を共有し、相互連携を図って患者の診断・治療を協働して進めるチーム医療で成り立っています。
本学は医療系総合大学として臨床検査学科、看護学科を併設しており、カリキュラムの中で、このチーム医療を学修することができます。

先進医療機器を使った実習体制

デジタルX線画像処理装置、X線CT装置(コンピュータ断層撮影装置)、MRI装置(核磁気共鳴画像診断装置)、SPECT装置(陽電子)など医療施設で使われている最先端の医療機器を自らが操作しながら学内実習を行い、医療現場における実践力を高めるとともに、科学知識や画像・データ解析などの講義を通して先端医療を学ぶ力も身に付きます。
病院での臨床実習は、約2ヶ月半(3年次:1ヶ月、4年次:1.5ヶ月)中部地方で契約している医療機関において実施しており、最新の医療知識・検査技術の習得とともに大学の勉学だけでは学ぶことが難しい患者対応、職場のコミュニケーション能力、病院組織などを経験し、卒業後の進路決定にも大きく役立っています。

充実した国家試験対策

本学は入学生全員の診療放射線技師国家資格取得を目指し、

  • 1年生からクラス担任制によるきめ細かな指導
  • 教育支援センターによる受験対策支援
  • 繰り返し行う模擬試験と試験後の対策指導

などを行っています。

学科長あいさつ

「総合病院クラスの設備を備え、臨床経験豊富な教員による最新放射線技術の習得が可能です」

放射線技術学科長 近藤裕二

診療放射線技師が業務で取り扱うほとんどの装置を学内設備として備えており、充実した実験や実習が行えます。一般撮影装置はもちろんのこと、CT・MRI・超音波を含む最新医療システムの装置からがんを治療する放射線治療装置に至るまで診療放射線技師が携わる業務を幅広く臨床経験豊富な専門の教員が指導します。また女子学生に対応するために複数名の女性教員が対応しているのも当学科の特徴です。さらには一般撮影装置のデジタル化(フラットパネル設置)により、総合病院の多くにすでに取り入れられている画像ネットワークシステムを構築しており、画像を解析する実験や実習を学内で行っています。それらの専門技術とは別に信頼される医療人となるための人間性の育成、チーム医療論によるコミニケーション能力や対話能力と自主性の育成に努めています。
基礎分野では研究者として活躍してる方々や、専門分野では最先端医療現場で活躍された先生方が教員として学生を指導し、医療現場のノウハウを学生に伝えることができるのも大きな特徴の一つです。