UNIVERSITY

大学案内

建学の精神・教育目的

建学の精神 学校法人 神野学園

優れた技術は、人に幸福をもたらし、
誤れる技術は、人に災いをもたらす。
技術は、人が造るなり、故に、技術者たる前によき人間たれ。

本学の目的

建学の精神に基づき、その目的を学則第1条において下記のように定めています。

「教育基本法及び学校教育法に基づき、人間の尊重を基本として、豊かな人間性の涵養と保健医療に関する科学分野の教育研究を行い、学術文化の向上に寄与するとともに、地域社会において広く活躍できる人材を育成することを目的とする。」

教育目的

「建学の精神」ならびに「本学の目的」に示されている、人間性豊かで高度な専門能力を有する医療従事者を育成するため、「人間性」に加え、グローバル化する社会の中で外国人の患者や医療スタッフに対して必要となるコミュニケーション能力や、外国語の文献・資料を読解するための「国際性」、チーム医療の場で他職種連携を円滑に進める「学際性」を育むことを「教育目的」とする。

人間性
「技術者たる前に良き人間たれ」を建学の精神とする本学の伝統。医療とは人間への慈愛の求められる行為であり、社会もまたそのような人材を熱望しています。
国際性
諸外国との人材交流が盛んな現在の医療界では欠かせません。今後は日本の先進医療機器やノウハウと共に、日本人の医療技術者が海外へ赴く機会がますます増えていくと考えられます。
学際性
学際とは、研究がいくつかの異なる学問分野にまたがって関わる様子をいいます。医師と異なる職種の医療技術者とのコミュニケーションを基盤としたチーム医療体制が敷かれる現代医療界では、相互理解のために不可欠な要素。臨床検査、放射線技術、看護という3学科が揃う本学には学際性を体感できる環境が整っています。
学部の教育目的

保健科学部

  • ・地域医療に貢献する医療人の一員として、保健医療の現場で主体的に活躍できる臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。
  • ・豊かな人間性と高い倫理観、専門性ならびに国際感覚を身につけ、社会で求められる多様な役割を果たすことが出来る臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。
  • ・臨床検査学もしくは放射線技術学の進歩に積極的に対応し、様々な状況に対応できる優れた判断能力および管理能力を備え、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる臨床検査技師・診療放射線技師を育成する。

看護学部

  • ・地域医療に貢献する医療人の一員として、保健・医療・福祉の現場で主体的に活躍できる看護師・保健師を育成する。
  • ・豊かな人間性と高い倫理観、専門性ならびに国際感覚を身につけ、社会で求められる多様な役割を果たすことが出来る看護師・保健師を育成する。
  • ・医療技術の多様化・高度化に積極的に対応し、様々な状況に対応できる優れた判断能力および管理能力を備え、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる看護師・保健師を育成する。

薬学部

  • ・地域医療に貢献する医療人の一員として、保健医療の現場で主体的に活躍できる薬剤師を育成する。
  • ・高い倫理観と専門性並びに国際感覚を身につけ、社会の多様な役割を果たすことができる薬剤師を育成する。
  • ・医療・薬物療法の進歩に応じた薬剤師としての職能の多様化に積極的に対応し、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる薬剤師を育成する。
学科の教育目的

本学の各学科における教育目的を以下の通り定める。

(1)臨床検査学科

  • ・生命を守る医療現場の一員としての自覚を持ち、臨床検査のスペシャリストとして必要な知識、技能、人間性を育む。
  • ・検査を受ける人の気持ちが理解できる臨床検査技師を育成する。
  • ・医療現場での実践を通じて、臨床検査の立場からチーム医療ができる技量と自覚を身につける。

(2)放射線技術学科

  • ・保健科学を通して豊かな感性と確かな知性を育み、放射線医療における倫理性と独創性を持って、人間に対する包括的な理解を深める。
  • ・幅広い理数系の基礎的知識と高度な医学的知識を背景に、医療における 放射線分野の専門技術を習得する。
  • ・質の高い医療を目指し、目的を達成する強い意思と理工学の技術を医療に応用する実践力を養い、チーム医療に必要な対話能力ならびに自主性を育成する。

(3)看護学科

  • ・人間愛と倫理観に基づき、看護を創造的に実践できる力を育成する。
  • ・高度な看護知識・技術と国際感覚を身につけ、社会に貢献できる専門職者を育成する。
  • ・医療現場での状況に応じた判断能力および管理能力を備え、保健医療福祉分野の連携における指導能力を育成する。

本学の助産学専攻科における教育目的を以下の通り定める。

(1)助産学専攻科

  • ・人間性豊かで対象の生命・人格を尊重できる誠実な助産師を育成する。
  • ・母子の社会環境の変化や、産科医療の高度化並びに助産ケアの多様化に対応できる知識と技術を身に付ける。
  • ・きめ細かい助産活動が展開でき、母子保健の向上に寄与できる人材を育成する。

本学の大学院 保健医療学研究科における教育目的を以下の通り定める。

(1)大学院 保健医療学研究科

  • ・地域保健医療推進のため重要な「在宅」、「高齢者」、「母子」、「医療連携」それぞれの分野において、個人の持つ専門性を多職種連携の視点から伸長させ、高い専門能力をチーム医療で発揮できる高度医療専門職を育成する。
Page Top