NEWS

お知らせ

お知らせ

  • NEW
  • 一般の方へ
2020.12.21 Mon

本学薬学部仲山千佳講師(臨床薬学分野)が共同執筆した書籍『患者の語りと医療者教育―“映像と言葉”が伝える当事者の経験』が、第9回日本医学ジャーナリスト協会賞「満美子賞」を受賞しました。

本学薬学部仲山千佳講師(臨床薬学分野)が共同執筆した書籍「患者の語りと医療者教育―“映像と言葉”が伝える当事者の経験」が、NPO日本医学ジャーナリスト協会(以下、協会)の「満美子賞」を受賞しました。仲山先生は、患者にしか語れない言葉が収められたウェブサイト「健康と病いの語り」データベースを薬学生の模擬患者参加型学習に活用し、その実践例を書籍『患者の語りと医療者教育―“映像と言葉”が伝える当事者の経験』において紹介しています。


「満美子賞」とは、協会の幹事であった故・松村満美子氏のご寄付の遺志により、オリジナリティ、社会へのインパクト、科学性、表現力を選考基準として患者本人に貢献する作品に贈呈される協会賞です。
 仲山先生が活用しているウェブサイト「健康と病いの語り」データベースも、共同執筆した本書と併せて同時受賞しています。