NEWS

お知らせ

お知らせ

  • NEW
  • 一般の方へ
2022.08.01 Mon

岐阜市立東長良中学校にて、探求活動で理科単元である「有性生殖」の実習講義を行いました。

保健科学部 臨床検査学科 永井慎准教授が、令和4年7月4日に岐阜市立東長良中学校にて探求活動の理科単元である「有性生殖」の実習講義を3年生に行いました。


マウスの卵と精子を中学生4人一組で実体顕微鏡を用いて観察した後に、顕微鏡下で人工授精を行い観察しました。
生命の始まる瞬間に立ち会うことで、命の大切さを学ぶ機会ができたと思います。
また、理科担当の先生からは「教育目標である“生命の尊さ”が認識されたともに「有性生殖による生物の発生」について学べて大変有意義な探求時間となった」と講義に満足する声をいただきました。


本講義には160名の中学生が参加し、盛況のうち終了しました。