CAMPUSLIFE

キャンパスライフ

公欠・その他の欠席について

公欠について

次の場合は、公欠となるので所定の公欠願を登校後1週間以内に限り教務課に提出することができます。但し、就職・進学に関する公欠願は就職担当教員の許可後、受験日前日までに教務課に提出すること。なお、公欠時間数は出席すべき授業時間数に算入しません。

公欠理由 認定日数 申請書類 添付書類
忌引き※1 父母-7日祖父母、兄弟姉妹-3日伯叔父母-1日 公欠願 会葬礼状等
学校保険安全法に定める感染症 診断書等に記載されている期間 公欠願 診断書等
非常災害により欠席 大学が必要と認める期間 公欠願 -
居住地域・通学途中の地域に暴風警報が発令された場合 ※2 大学が必要と認める期間 公欠願 -
就職・進学試験 ※3
(試験日、会社説明会、健康診断)
原則、当日のみ 就職・進学に関する公欠願 -
課外活動において本学代表として参加する場合 ※4 大学が必要と認める期間 公欠願 -
その他教授会で認めた事由 大学が必要と認める期間 公欠願 -
  1. 父母、祖父母、兄弟姉妹は死亡した日から、伯叔父母は葬儀の日を忌引き日数に充当する。また、遠隔地に赴く必要のある場合には往復に要する日数を加えることができる。
  2. 学長が許可した場合。
  3. 試験日:遠隔地における試験の場合、往復に要する日数を加えることができる。
    会社説明会等:試験の受験資格を前提とする場合。
    健康診断:前期1回、後期1回までとする。
  4. 予め学長が許可した場合。

公欠になる可能性がある場合

次の場合は、公欠となる場合もあるので所定の公欠願を登校後1週間以内に限り学生支援課に提出してください。なお、公欠と認められた場合には、公欠時間数は出席すべき授業時間数に算入しません。

理由 認定日数 申請書類 添付書類
居住地位域・通学途中の地域に大雨や大雪警報が発令され、交通が途絶して登校が困難な場合 大学が必要と認める期間 公欠願 -
公共交通機関において遅延が発生し、授業に出席できなかった場合 遅延証明書に基づく期間 公欠願 遅延証明書

その他の欠席

授業を長期間欠席(7日以上)する場合は、担任に連絡し、欠席届を教務課に提出してください。